toggle

 

所長ご挨拶

私のライフワークは「元気な心と元気な体作り」です。
その考えに至ったのは、幼少期から体が弱くて誰よりもいつも健康でありたいと思い続けていたからです。
元気に走り回っている友達を眺めながら、自分はどうして病気になるのだろう、なぜ元気な人とそうでない人がいるのだろうと思いながらも、わからないまま大人になりました。
元気な時の自分は、いろんな事にチャレンジしたいと思う反面、もし病気になったらどうしようと常に不安があり、思い切ったことはなかなかできませんでした。元気であれば、気持ちも前向きになるし、いろんな夢に向かってチャレンジできます。
今よりもっと元気な体になったら、まだまだ経験したことがない事にチャレンジし、豊かな生活を過ごすことができます。

私は自分の体について興味を持ち、栄養について学ぶことで、自分が食べている食事だけでは栄養が不足していることに気づきました。そして、積極的にサプリメント(栄養補助食品)を摂るようになり、体力にも自信が持てるようになりました。

「元気な心と元気な体作り」に必要なことは「食事」「運動」「睡眠・休養」です。

人間ドッグを受けた人の90%以上の人が何らかの異常を指摘されています。指摘を受けたらバランスの良い食事や適度な運動、ストレスをためないように休養してくださいと生活習慣の見直しを勧められます。

私たちの体を作っているのは主に食事ですが、多忙な日々を送っている私たち現代人はなかなか見直すことは困難なので、食事だけでは摂取しにくい栄養素をサプリメント(栄養補助食品)で補給することでバランスのとれた食生活になります。

また、管理栄養士が考えた100%完璧な食事を摂ったとしても現代人にはサプリメントが必要だと考えられているのが現状です。

その理由としては、
第1に野菜などができる畑の土地がやせていて野菜そのものに含まれる栄養素が減ってきていることと、きちんと食べているつもりでも期待した栄養素が摂れていないことです。
第2に空気や水が汚染されていて、知らないうちに体内に不要な物質が入り、その物質を処理するためにたくさんの栄養素が必要になってきているためです。

サプリメントの先進国はアメリカです。日本国民は皆保険でほとんどの人が「誰でもいつでもどこでも」医療を受けられますが、保険制度の異なるアメリカでは病院にかかり薬を服用すると高額な医療費がかかります。そこで通常の医療に代わる補完代替医療の柱であるサプリメントの研究が進み国民に浸透していきました。

日本人も病気の予防・改善のために、また健康の維持・増進のためにサプリメントを利用している人が増えました。2016年度調査では 約60%以上の人が利用しています。食生活を強力にサポートしてくれるサプリメントの役割は年々大きくなっています。食事に気を付けている人ほどサプリメントも積極的に取り入れていると思われます。
食生活の基本は楽しく美味しくバランス良く食べることですが、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことで、今日より明日がもっと健康であることが、一人ひとりの生活を充実させてくれると思います。

私ども株式会社まごころは、その一助となれるように食事だけでは不足がちな栄養素をサプリメント(栄養補助食品)としてお客様にお届けし一人でも多くの方に健康で豊かな生活を送っていただきたいと願っています。
また、安心安全な効果の高い製品を提供する努力を惜しまず、お客様にまごころを持ってお届けしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Message from our Director

My whole life has been about creating a healthy mind and body. This is because, since childhood, my body has been weak, so I have always had a drive to be healthier than everyone else.  I used to watch my friends running cheerfully, full of energy and wonder why it was me that was ill and why was it that some people were vivacious and others not. I have spent my entire life pondering these questions.

When I am in good health I like to challenge myself but then, there is always a slight feeling of anxiety in case I become ill. I feel I can’t push myself too far. If you are in good health, your mind can be positive and you can follow your dreams. If you can increase your body’s energy you can use that energy to challenge yourself to do things you have not yet experienced. You can lead a prosperous life.

I started taking an interest in my body and then learning about nourishment, I noticed that my diet was short of nutrition. I began taking nutritional supplements and subsequently became more confident in my physical strength.

For a healthy mind and an energetic body the necessary attributes are MEALS, EXERCISE and SLEEP/REST. More than 90% of people receive some kind of health problem or abnormality from their health checks. If you receive such a notification please review your lifestyle and begin moderate exercise with a balanced diet so as to reduce stress.

Our main source of nutrition comes from our regular 3 meals a day. However, nowadays people are always “on the go” and rigorously busy, so it is hard to maintain the sustenance needed from meals alone. Through our supplements you can conserve a balanced diet. Also, even if you think you are getting the perfect, 100% of your nutrients through your regular meals, controlled dieticians now recognize that supplements are necessary for people today.

Here are some of the reasons why: Firstly, the fields where crops are grown are dwindling and the nutrients in the vegetables themselves, are decreasing. Therefore, people are not getting their expected amount of nutrients.

Secondly, contamination; the air and water are polluted. Unknowingly poor substances enter the body and more nutrients are needed to process the substances. The leading country for supplements is America. Japanese people enjoy superb healthcare and have an “anyone, anywhere, anytime” medical system. However, in the USA, the medical system has many different insurance systems and no, “one for all” care program. This can lead to exceedingly high medical costs for US citizens. Therefore, research on supplements, which have become a pillar of alternative medical care, is developed and fed to the public.

The number of people in Japan using supplements for the prevention of illnesses and the overall maintaining of good health has increased. A survey in 2016 showed that approximately 60% of people use them. The role that supplements play to support eating habits is growing year by year. Even those who are conscientious about their eating habits are actively adopting supplements into their lives.

The basic point of eating is to enjoy delicious, balanced meals. By fortifying the shortage of nutrients with supplements we are making a healthier tomorrow that will enhance each, and every single life. In order to help, we at Magokoro.,Ltd are delighted to deliver these nutritional supplements to our customers and hope that as many people as possible can live healthy and affluent lives. We, in turn, will spare no effort to provide products that are safe and highly effective.

We will deliver them graciously and we thank you for you custom.

所长致辞

我的生活趣旨是练就“健康的心态和身体”这是因为我幼年和少年较弱,所以我从小就比任何人都想有一个健康的身体。看到健康的跑来跑去的小朋友们,我就想为什么我自己有病呢?为什么有健康的人和不健康的人呢?就这样带着疑问长大了。健康时的自己想做很多事,可是如果病了是怎么办?这种不安一直存在,所以,做什么事情都不能尽情尽兴。如果是健康人就可以向前看,带着梦想去挑战一切。如果有更健康的身体,可以挑战至今未经历过的事情,享受丰富多彩的生活。

我开始对自己的身体感兴趣,在学习营养学的过程中发现自己有营养不足。之后开始有意识地摄入营养补助食品,体力上一点一点有了自信。要练就“健康的心态和体魄”,需要“饮食”,“运动”,“睡眠和休息”。接受精密仪器健康体检的人的百分之90以上都被指出有异常。被指出异常后,一般会劝导患者要搞好营养平衡ji适度运动,为缓解压力要休息和改变生活习惯。

我维持身体健康主要是注意饮食,但是日日繁忙的我们这些现代人,往往改变不了现状,渐渐就养成了把在日常饮食中摄取不到的营养素以营养补助食品的形式来保证身体营养平衡。

其理由

  1. 种植蔬菜的农田土质瘠薄,种植出的蔬菜所含的营养素减少,尽管打算尽力摄取蔬菜但摄取不到应有的营养素。
  2. 空气及水被污染不知不觉地就把废物危险物摄入了人体,为了排除这些废物危险物,而需要很多的营养素。

美国是营养补助食品的先进国家,日本国民几乎人人都参加医疗保险,“无论谁无论何时何地”都能接受治疗,但是在保险制度各异的美国,一旦去医院、服药就要发生高额的医疗费。于是代替医疗的补完代替医疗的支柱营养补助食品的研究渐渐渗透于国民之中。

日本人也为了预防改善疾病和维护增进健康,服用营养补助食品的人在逐渐增加。据2016年的调查统计,约有60%以上的人在服用。强力支撑我们饮食生活的营养补助食品的作用在年年加大。越是重视饮食平衡的人越是在积极地摄取。

株式会社真心,希望能成为大家的朋友,用营养补助食品的形式将只靠饮食摄取不到的营养素递到用户手中,祈祷着更多的人们健康的享受丰富多彩的生活。我们将不惜为提供安心安全的高效的制品而努力,把真心送到用户手中。恳请各位给与多方关照。

所長プロフィール

東広島市に生まれ、東広島市で育つ。幼少期より体が弱く、小3で突然喘息になり、体に自信がなく性格も内向的になる。性格は温厚で周囲からは愛されていたが、人前に出ることが苦手となり、社会に出て働く自分をイメージできなかった。

そんな自分を変えたいと意識して過ごすようになり、大学在学中、富士登山のための体作りを始める。また、地域貢献をしたいという思いもあり、登山仲間と地元で青年サークルを結成。月1回の定例行事や盆踊り・講談・映画・演劇上演会を主催し施設訪問等の活動も行った。

24歳の時、当時の総理府主催「日本青年の船」に応募。全国の青年300名と訪問国青年30名と50日間余り「にっぽん丸」に乗船しオセアニアを回る経験をする。その経験が自信となり福祉の現場で長年(33年間)勤務しながら地域活動も行う。地域、福祉施設での出会いと経験が宝物。

また、自分の体をもっと丈夫にしたいと思っていた時に、栄養学の講演を聴く機会があり自分の食べている物だけでは栄養が不足していることに気づきサプリメント(栄養補助食品)の必要性を実感する。

所长简历

生在东广岛市,长在东广岛市。幼年少年时期身体瘦弱,小学三年时突然得了哮喘病,由于对身体没有自信,性格也变得内向。虽因性格温厚,周围的人对我颇加呵护,但不擅长与人讲话,想象不出如何到社会上去工作的自己。

为了改变自己,在大学期间,为了登富士山开始强健身体。还有抱着想对社会做贡献之心,和登山的朋友们一起结成了家乡青年沙龙。进行每月一次的定期活动及跳盂兰盆舞、座谈会、电影观赏、节目演出、公共场所访问等。

24岁时,应招了当时总理府主办的“日本青年船”。经历了全国300名青年和访问国30名青年长达50多天的乘“日本丸”巡游???。真个经历给了我自信,我一边儿在福祉部门最前线工作(长达33年),一边进行地区区域活动。区域、福利服务工作的与人接触,给我留下了宝贵的经验。

还有,想让自己的体魄更加强健时,有了一个听营养学讲演的机会,知道了仅凭自己吃的食物的营养是不够的,感觉到了营养补助食品的重要性。

 

 

 

 

 

 

 

 

まごころ研究所長 黒賀善子

安田女子大学卒業
介護福祉士
サプリメント管理士
ライフワークは「元気な心と元気な体作り」
好きな言葉は「わくわく」
「難がある時にこそ有難う(ありがとう)」
「小さな喜びが明日を創る」